HOME » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » なるべく早く&高く貸すためのコツ

なるべく早く&高く貸すためのコツ

ここではできるだけ賃料査定額を高くしつつ、早く自宅を貸し出すために必要なことについて解説しています。

高く貸すためにオーナーがやるべきこと

自宅を賃貸に出すオーナーとしては家賃収入を増やすため、できるだけ高く借りてもらいたいと考えるのは当然のことです。

リロケーション会社は募集を開始する前に必ず物件の賃料査定を行いますので、この時に高い査定額が出れば希望は叶うということになります。

そのためにます貸主が考えなければならないのは、借主側の立場から客観的に魅力的な物件なのかどうかを見極めることです。間取りはどうか交通の便はよいかなど賃貸物件として自分なりに評価してみましょう。

室内の傷や汚れが目立っていたり、エアコンや給湯器などの設備が壊れていたら当然クリーニングや修理が必要になります。さらに防犯設備を追加したり使い勝手をよくするためのリフォームもやった方が査定額は高くなるでしょう。

家賃は高ければよいというものではありません。借り手にとっては割安感があるかどうかが決め手となりますので、この内容でこの家賃ならOKというラインをリロケーション会社とよく相談するとよいでしょう。

成約スピードはリロケーション会社の集客力が要

リロケーション物件の収益率を上げるためにはできるだけ早く入居者を決めて家賃収入を発生させることも重要です。

早めの成約を実現するためには、もちろん物件に魅力があることも大切ですが、リロケーション会社の集客力が結果を左右することが多いと考えられます。

リロケーション会社を選ぶ際には過去の取扱い実績や管理物件数の多さなども判断基準となりますが、募集方法についても注目すべきです。

現在では賃貸物件情報サイトに掲載するのは当然のこととなっていますので、それ以外にどんな募集手段を持っているかがポイントです。

例えば大手企業と太いパイプを持っていて優良顧客を集めやすい、独自の不動産ネットワークを活用して集客できる、グループ会社のバックアップがあるなど他社ではできない募集活動が可能な方が成約スピードは早くなります。

ページの先頭