HOME » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » 費用はどの程度必要か

費用はどの程度必要か

ここではリロケーションサービスを受けるためにかかる費用について説明しています。

押さえておきたいリロケーション費用

リロケーションサービスを利用するためには当然ながら費用が発生します。最初に押さえておきたいのは申込み時に必要な費用、入居者が決定した時にかかる費用、契約終了まで毎月かかる費用に分けられることです。

では、それぞれ具体的にどんな費用がかかるのか整理してみましょう。

申込み時にかかる費用

  • 管理委託申込料
    入居者の募集を依頼する時の着手金のようなもので、リロケーション会社によっては無料の場合もあります。だいたい1万円前後が相場になります。

入居者決定時にかかる費用

  • 契約事務手数料
    リロケーション会社が募集活動や審査を行い、入居者が見つかると貸主の了解を得た上で賃貸借契約手続きを代行します。こうした事務手続きに関して賃料の約1か月分の手数料がかかります。
  • 保証料
    入居者が決まると事務手数料とは別に賃料の約1か月分程度の保証料がかかります。中には保証料がかからない会社もありますが、その分契約事務手数料が高く設定されていることも多いので、入居者決定時には家賃の2ヶ月分程度の費用が発生すると考えておくとよいでしょう。

毎月かかる費用

  • 管理手数料
    リロケーションサービスのメインとなる賃貸管理にかかる費用で、相場は家賃の10%程度です。滞納保証や一定額の修繕がサービスに含まれる場合は管理手数料がその分高く設定されていることがあります。

その他の費用

リロケーション会社によっては契約の更新料(家賃の半分/年)がかかる場合があります。また、入居者の過失によるものではない設備の故障などの修繕費用は基本的に貸主が負担します。

その他、送金手数料や撮影料など細々な費用が発生する可能性がありますので、できるだけ契約時に詳しく確認しておくことをおすすめします。

一般物件よりも低くなる家賃設定

以上のようにリロケーションでかかるほとんどの費用は家賃に連動していることがわかります。大きな負担となる管理手数料は家賃収入で賄えるため、マイナス収支の構造になることはありません。

家賃収入がどの程度の金額になるかは物件の状態や広さ、周辺環境によって変動しますが、注意したいのはリロケーション物件は一般的な物件よりも設定される家賃が低くなるということです。

入居者にとっては住める期間が限られてしまうので、条件としてはどうしてもマイナスポイントになるからです。

割合としては2年契約の場合で周辺物件より2割程度賃料が低くなり、契約年数が長くなればなるほど、その差は縮まっていくと考えてよいでしょう。

貸主の欲しい額から算出して家賃を高く設定してしまうと、入居者が見つからずに空室リスクを抱えることになりますので、経験豊富なリロケーション会社によく相談してから決めることが大切です。

ページの先頭