HOME » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » 貸す際に気を付けたいこと

貸す際に気を付けたいこと

ここではリロケーションサービスを利用して家を貸す際の注意点や心構えについて説明しています。

リロケーションを始める時に心得ておくべきこと

リロケーションは自宅を賃貸物件として第三者に貸し出す不動産経営という一種の事業です。

あまり深刻になることはないですが、気楽に考えすぎていると思わぬ落とし穴にハマることがあるので注意が必要です。そこで心得ておくべき重要ポイントを整理してみました。

思ったより初期費用がかかる

リロケーションというと月々の家賃収入ばかり考えてしまいがちですが、収入を得るためには自宅が賃貸物件として価値があるものでなければなりません。

そのためには貸し出す前にハウスクリーニングをしたりエアコンや水回りなど設備に不具合がある場合は修理しておかなければなりませんので費用がかかります。

また、リロケーション会社に管理をお願いすることになれば管理委託申込料が必要ですし、入居者が決まった段階で家賃2ヶ月分程度の契約事務手数料保証料などが発生します。

こうした初期費用は後々の家賃収入で徐々に回収していくことになりますが、資金ゼロではリロケーションをスタートすることはできないということは知っておくべきでしょう。

契約書の内容を確認しておく

リロケーションを行う場合は入居者と賃貸借契約を結んだり、リロケーション会社と管理委託契約を交わしたりします。すべてお任せでも手続きは進行しておきますが、事業主として、しっかり契約書の内容に目を通しておくことが重要です。

例えば退去時の原状回復については、故意や過失があれば入居者負担が原則ですが、経年劣化による汚れや痛みは貸主負担になることがほとんどです。これが曖昧な契約内容になっているとトラブルの元になるので注意しましょう。

この他、家賃滞納が発生した場合のリロケーション会社の保証の有無、設備の故障や不具合が起きた時の修繕費の負担など、賃貸に出している間に起こりそうなことを整理して、その内容が契約書に盛り込まれているかをチェックしておくことです。

予定通り戻れないことも想定

リロケーションでは借主と定期借家契約を結ぶため契約期間が限定され、契約終了時に借主は物件を明け渡さなければなりません。そのため転勤が終わったら貸主は自宅に戻って元のように住むことができます。

ところが何らかの事情で転勤期間が予定より早まった場合は、契約により賃貸期間が定められているため、すぐに自宅に戻って住むということは難しくなります。

反対に転勤期間が延長になってしまった場合は賃貸契約は一度終了してしまいますので、再度入居者募集から始めるか、現入居者が同意のもとで再契約する必要があります。

リロケーションは便利な賃貸契約の仕組みですが、不測の事態も想定しておかないと後々慌てることになるので、そのための準備も必要になります。

ページの先頭