HOME » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » リロケーションのリスクとは

リロケーションのリスクとは

ここではリスクから考えるリロケーションのデメリットと対応策について解説しています。

不動産経営としてのリロケーションのデメリット

リロケーションは留守宅を上手に活用する手段として大変有効なものですが、デメリットが全くないわけではありません。そこで不動産経営という観点からそのリスクについてまとめてみました。

借り手が決まらない空室リスク

リロケーションは自宅を賃貸に出して家賃収入が得られるのがメリットですが、長期間借り手がつかず空室の状態が続くと管理費ばかりがかかりマイナス収支になることも考えられます。

対応策としては借り手の立場から考えて魅力ある物件かどうかをよく見直すことです。場合によっては家賃を下げたり、リフォームするなどして入居を促す方策を立てることが必要です。

リロケーション会社によっては一括借り上げ(サブリース)をして空室保証をするところもありますので、空室リスクがどうしても気になるという場合は契約時に相談するとよいでしょう。

入居者が家賃を滞納するリスク

入居者が決まって契約をしたとしても、期日までに家賃を支払ってもらえないケースがあります。オーナーとしては見込んでいた家賃収入を得られないことになりますので発生すれば大きなリスクとなります。

もちろん契約違反なので法的手段に出ることも可能ですが弁護士費用もかかりますので、初期段階では管理会社に督促や取り立てを依頼する方がよいでしょう。なお、一括借り上げをして転貸(サブリース)するリロケーション会社の場合は滞納があっても家賃は保証されます。

物件に損傷が生じるリスク

リロケーションは人が住むことで物件の劣化を抑える効果があるのですが、逆に損傷してしまうというリスクも存在します。

入居者の使い方が乱暴だったり、ペット禁止にも関わらず勝手にペットを飼って汚したり傷つけたりといった可能性が考えられます。

対応策としては曖昧な契約を避け禁止事項を明確にすること。また、リロケーション会社の審査方法などを事前に確認して優良な入居者を獲得できるかを判断することです。

収益性が低くなるリスク

リロケーションでは賃貸期間が最初から決まっているのが条件となるため、借り手からするとずっと住み続けられないというマイナス面があります。そのため、同じタイプの物件でも周辺よりも家賃を低く設定する傾向にあります。

オーナーとしては管理料の他に固定資産税やローンの残債を支払わなければなりませんので、家賃が安くなればそれだけ収益率も低くなります。家賃を上げるためには家具付き物件にするなど付加価値を高める努力が必要になります。

ページの先頭