HOME » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » リロケーションのメリットとは

リロケーションのメリットとは

ここではリロケーションサービスの特徴とオーナーのメリットについて解説しています。

リロケーションサービスがもたらすメリット

リロケーションとは転勤などの理由で不在となる自宅を期間限定で賃貸に出して管理するサービスです。このサービスを利用することによってどんなメリットがあるのかをまとめてみました。

手間なく家賃収入が得られる

リロケーションの最大のメリットと言えるのが家賃収入です。不在する間、空家のままでは何も得るものはありませんが、賃貸に出すことで定期的な収入が見込めるのでローンの返済に充てることも可能です。

リロケーションサービスでは入居者の募集から契約、賃貸料の集金・管理まで行なってもらえるので、オーナーにとって手間がかかることもありません。

契約期間終了後は自宅に戻れる

リロケーションは転勤や海外赴任などで一定期間留守にする物件を対象とするため、入居者とは普通借家契約ではなく定期借家契約を結ぶことになります。定期借家契約では契約満了時に更新されないのでオーナーは確実に家に戻ることができます

リロケーション会社は契約から明渡手続きまでを行いますので、転勤が終わった時には再び自宅で生活できる状態が整っているということになります。

借主とのトラブルに煩わされない

通常の賃貸契約でオーナー自らが管理を行う場合は、借主からのクレームに対応したり近隣住民とトラブルを起こした場合の対処もしなければなりません。

リロケーションサービスはそうした管理業務も含まれるため、専門知識を持った担当者が入居者審査からクレーム対応、トラブル処理まで行なってもらえます。したがってオーナーとして慣れない管理に頭を悩まされるということはありません。

建物の劣化を抑え防犯面でも安心

マンションでも一戸建てでも空家のまま放置すると、換気が悪くなってカビが生えたりネズミが電気ケーブルをかじるなどして建物や設備の劣化が早まります。また、居住者がいないことがわかると空き巣のターゲットになってしまうこともあります。

リロケーションの場合は、自宅を留守にしている間も人が生活している状態になりますので劣化の進行を抑えることができますし、泥棒に侵入される可能性も減って防犯面でも安心することができます。

ページの先頭