HOME » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » 賃貸と売却ではどちらが得か

賃貸と売却ではどちらが得か

ここでは長期間不在となる戸建て・マンションを売るか貸すか、どちらの方が得になるかを解説しています。

賃貸と売却それぞれのメリット・デメリット

転勤や海外赴任などが決まって自宅を長期間を空けることになった場合に、考えられる選択肢としては売却する賃貸に出すかの2通りあります。

どちらを選ぶべきかについて結論から先に言ってしまうと賃貸の方がお得です。それを検証するためにまず売却するメリット・デメリットについて考えてみましょう。

売却するメリットとして第一に考えられるのはまとまった資金が入ってくることです。また、売却により、これまで払っていた住宅の維持管理費、固定資産税などは不要になります。

売却のデメリットは所有する資産が無くなることです。転勤が終わったら戻る家はありません。また、売却するためには費用もかかります。仲介手数料や譲渡益が出た場合は税金も納めなければなりません。

一方、賃貸の一番のメリットは家賃収入があることです。低金利の時代においては売却によって現金を得るより賃貸の方が高い利回りを得ることができます。また、資産の継続保有ができますので転勤が終わればそのまま住み続けることが可能です。

デメリットとしては賃貸物件のオーナーとして維持管理の手間や費用が発生することです。賃貸料不払いや入居者のトラブル・クレームが起きた場合はそれらに対応しなければなりません。

賃貸のデメリットをカバーできるリロケーション

自宅を賃貸に出すと入居者対応があるので煩わしいと考える方がいるかもしれませんが、実はリロケーションサービスを利用すると心配されるデメリットのほとんどは解決します。

なぜならリロケーションサービスは家賃を集金するだけではないからです。入居者の募集から契約手続き、クレーム・トラブル対応、建物の修繕まですべて代行してもらえるのです。

また、リロケーション会社の中には家賃保証を行なっているところもありますので、家賃滞納が発生しても心配することはありません。

もちろんサービス料金は発生しますが、家賃収入から支払うことになるので、マイナスになることは無いですし、維持管理の手間を考えれば決して高いコストにはならないでしょう。

よく古い物件を賃貸に出すにはリフォームを行わなければならないから費用が心配と考える方がいますが、これは売却する場合でも同じです。

売却するよりも賃貸の方が成約率は高いので、無駄なく資産を有効活用できるという意味でも賃貸のほうがお得と言うことができます。

ページの先頭