リロケーション成功ガイド » リロケーション会社比較おすすめ一覧 » 東京で成功するリロケーションをするには?

東京で成功するリロケーションをするには?

リロケーション,東京 東京でリロケーションをするときのコツ 東京でリロケーションをするときに押さえておきたいコツやポイントをまとめました。これからリロケーションを考えている方は必見です。

東京で成功するリロケーションをするには?

信頼できる管理会社を選ぼう

リロケーションを利用する場合、建物の所有者が遠隔地や海外などの離れた地域にいるため、トラブルを避けて問題なく貸し出すためには、信頼できる管理会社に依頼することが何よりも重要です。

東京都内には非常に多くの管理会社が存在しますので、その中から確実に家賃収入を得ることができて、サービス内容も手厚い管理会社を選ぶためのポイントをご紹介します。

管理会社を選ぶときは、ココをチェック!

管理実績の多さ

不動産の管理をしている会社は多いですが、リロケーションに特化している会社の数は限られてきます。リロケーションも賃貸管理の一種ですが、定期借家などリロケーションならではの専門性が求められます。そのため、管理会社の中でも、特にリロケーションの管理実績が豊富かどうかを確認するようにしましょう。

多くのリロケーション物件を扱った実績があれば、入居者の集め方や管理方法、トラブル回避・対策などにも長けているので安心して任せられます。

最低契約年数について

海外出張などでリロケーションに出す期間が決まっていて、短期間だけ貸し出したいという場合には、最低契約年数についても確認しておくようにしましょう。

管理会社によっては最低契約年数が決まっている場合もあり、貸し出したい期間より長い年数が必要な場合は、利用条件が適さない場合もあるので注意が必要です。

収支報告書があるか

不動産をリロケーションとして貸し出しする場合、それによって得た家賃収入は確定申告で報告する必要があります。

画定申告の書類を作成する場合には、年間でどのくらい収入があったかということや、管理にどのくらい費用がかかったかなどを計算して集計しなければならないので、慣れていないと手間や時間がかかるものです。

そのため、リロケーションにまつわる収支を細かく書類で報告してくれる管理会社は、その手間を大きく省いてくれるものです。

後から依頼しても対応してもらえない可能性があるので、事前にそういったサービスがあるところを選ぶといいでしょう。

修理修繕費用について

不動産を貸し出していると、設備や建物の不備が発生して修繕しなければならないことがあります。借主の非がある場合を除いて、自然に発生するような経年劣化や故障は建物の所有者が費用を持つことになりますので、長期的に貸し出す場合はその費用も考えておいた方がいいでしょう。

管理会社によっては、建物や設備にかかる修繕費の一部を負担してくれるサービスがあるところもありますので、建物が古くて修繕が必要になりそうな場合は、そういった管理会社を探してみましょう。

法人との提携があるか

物件の種類にもよりますが、リロケーションの管理会社が法人と提携している場合、その企業の社宅などで利用してもらえるので、入居者が決まりやすく安定した家賃収入を得ることができます。

また、事務所などに利用してもらうこともできるので、一般的な入居者を募るよりも身元が保証されていて、物件に対する利用方法も限られているので貸し出す方は安心できるでしょう。

そういった法人との提携サービスがあるかどうか、実際に法人に貸し出した実績があるかどうかも判断材料にしてみてください。

料金体系について

リロケーションの管理を任せる場合、毎月の管理料や入居者の募集にかかる費用、事務手数料、保証料などさまざまな料金が発生します。

手数料が毎月定額のところもありますし、入居者が決まった場合の保証料がないところ、管理委託を申し込む場合の着手金が必要なところなど、料金体系は管理会社によって異なりますので、予想外の費用が発生しないように、事前に確認しておきましょう。

毎月の管理料が割高な場合でも、サポートが充実しているならば、結果的に節約になる場合もありますので、料金が安ければいいというわけでもありません。料金とサービス内容が伴っているかどうかが重要になるでしょう。

入居者募集の方法

物件の入居者が決まるかどうかは、管理会社による募集方法にかかっています。

一般的に物件を借りようとする人は、新聞に挟まれている広告やウェブ上の不動産サイト、街中の不動産会社などで情報を入手して比較検討します。

なるべく早く入居者を決めたいのならば、管理会社がどのように入居者を募集しているかも詳しく調べてみてください。

実際にウェブ上のサイトにどのように物件が紹介されているか閲覧して、魅力的に載せられているかどうか、情報は正確かどうか、複数のサイトに掲載されているかどうかを確認してみましょう。

その他、見ておきたいポイント

口コミ

各管理会社のサイトなどを見て情報を得ることはできますが、実際に利用してみないとわからないことも多いのが現状です。

そのため、どの管理会社が評判がいいかを知るために、ネット上に寄せられた口コミなども参考にしてみてください。

リロケーション専門の管理会社はまだ数が少ないので、リロケーションの管理も行っている一般的な不動産会社の口コミなどから、利用しやすいかどうか、サービスはいいかどうか、スタッフの対応はどうかなどという情報を入手して、複数の管理会社を比較してみましょう。もし、口コミで悪い評価があったとしても、その点について事前に知っておけば、トラブルを回避することも可能になります。

東京都にはたくさんの管理会社がありますので、会社情報だけでは判断できない場合は口コミが非常に参考になります。

入居後のサポート体制

それぞれの管理会社には、おおまかな業務内容はそれほど違いはありませんが、入居が決まってからのサポートにはいろいろなサービスが用意されていることもあります。

入居者からのクレーム対応はもちろん、定期的な巡回管理や設備のメンテナンス、サブリース契約など管理会社独自のサービスもありますので、利用したいサポートがある管理会社を見つけてみましょう。 

所有している物件から離れていて自分の目で確認することができないので、定期的に見回ってもらえると安心できますし、設備の故障や修理の保証などもあれば、突発的な出費を抑えられます。

退去時のサポート

リロケーションは、賃貸に出している間だけではなく、入居者が退去した後のサポートも重要です。

基本的に、建物の所有者が利用しない期間だけ貸し出すことが目的なので、所有者が必要になったら建物を返してもらうことになります。

そのため、必要になった時に建物が返還されないなどのトラブルを避けるために、サポートがあるかどうかは重要なポイントになります。

たとえば、長期出張や転勤の期間が急に短縮されて帰ってくることになった場合、入居者がすぐに退去できない場合のサポートや保証はあるかどうかは事前に知っておいた方がいいでしょう。

また、入居者が退去するときの原状回復などにもトラブルがつきものですので、スムーズに退去してもらえて、建物を返還してもらえるシステムが整っている管理会社を選ぶようにしてください。

ページの先頭