リロケーション成功ガイド » リロケーション会社比較おすすめ一覧 » 大阪で成功するリロケーションをするには?

大阪で成功するリロケーションをするには?

大阪でリロケーションをするときに押さえておきたいコツやポイントをまとめています。大阪に物件や部屋を持ち、リロケーションを考えている方はぜひ参考にしてください。

大阪で成功するリロケーションをするには?

会社の特徴や強みをチェック

リロケーションサービスはまだ20年程度の歴史しかなく、不動産会社の中でも専門に行っている会社はあまり多くはありません。

今後さらにサービスの最適化が進む分野と考えられますが、現状リロケーションを利用する場合は、その会社がどの程度実績を持っているかをチェックしましょう。

大阪には東京に次ぐ不動産会社や管理会社があり、リロケーションに通じた会社を選ぶのが難しくなってきています。ここでは、家賃収入を確実に得られる管理会社を選ぶ方法を紹介します。

管理会社を選ぶときは、ココをチェック!

利用者へのサポート体制

リロケーションサービスを提供している会社の多くが不動産会社であり、通常の業務に加えて提供しています。このことからも、リロケーションに特化している会社はそう多くはないことが分かります。

そこで、特化しているかを見極めるために、保証体制が整っているかをチェック。住宅の設備が故障した際にどの程度まで補償してもらえるか、定期的な巡回と報告を入れてくるか、フリーメンテナンスの選択が可能かどうかなど、サポートの範囲をしっかりと確認しておきましょう。

また、万が一の状況にも対応してもらえる会社ならさらに安心です。持ち家に戻るタイミングが前後した場合のサポートや、入居者が急に退去できない場合賃料の同額を保証してもらえるのかなど、細かい部分まで説明を聞いてみてください。

担当者の対応力

どの会社もサポートはしっかりしているし、実績も十分…という場合に見極めたいのが、担当者の対応力です。こちらの質問にしっかりと対応できるか、ちょっとした相談にも対応してもらえるかなど、基本的な姿勢を確認します。

顧客を大事にしている会社であれば、担当者が若い人でも丁寧な対応が期待できますし、リロケーションの利用を開始したあとも、細かく相談にのってもらえるでしょう。

担当者が頻繁に変わり質問しにくい状況になったり、「定期借家」など専門的な知識が欠けているようであれば、その会社は信頼性に乏しいと判断できます。状況に応じて別の管理会社を探すのも一つの方法となります。

収支報告書の発行

企業に勤めている人も、リロケーションを利用して収入を得ると確定申告が必要になります。書類を作成するにあたり、どの程度の収入と支出があったかを収支報告書で報告しなければなりませんので、会社側が収支報告書の発行に応じてくれるかどうかも確認しておきましょう。

海外に住んでおり確定申告ができない場合は、納税代行サービスが便利です。リロケーション会社のうち、収支報告書の発行から納税代行までをカバーしてくれるところを選ぶとさらに安心です。

トラブルへの対策について

賃貸期間に部屋の損傷や摩耗が発生すれば、借り手側が責任を持って負担しなければなりません。しかし予め設備が壊れていた場合は貸し手側の負担となるため、修理の範囲についてトラブルになるケースが少なくありません。

リロケーションに限らず、すべての賃貸契約では経年劣化や原状回復のトラブルがみられますが、会社がどこまでトラブルに対処してくれるのかが重要です。安全に貸し出すための対応をとってくれるか確認しておくと良いでしょう。

他にもさまざまなトラブルが考えられますが、事前に十分に対策をとっておき、借り手と貸し手の双方が納得してサービスを利用することが、トラブルを回避するための方法となります。

会社から何の説明もない場合、万が一のトラブルに対応することができないため、管理を任せられる会社かどうか、よく話し合って利用を検討するようにしてください。

料金を比較して決める

持ち家を離れている間はリロケーション会社に管理を任せることになりますが、月々の管理費や手数料などは会社によって異なります。

管理費が予想外に高くついてしまった、何も言われずに手数料を請求されたなど、金銭面に関するトラブルが多くみられるため、貸し手となる利用者に分かりやすく料金を提示してくれる会社を選ぶ必要があります。

管理費ばかりかかって、肝心の家賃収入が思うように得られなかったということのないように、各社の料金体系をよく比較して決めましょう。

入居者募集の方法

リロケーション会社の実績をみて「ここに決めたい」と判断しても、肝心の入居者が一向に集まらず、結果的に家賃収入の見込みが立たなくなってしまう場合があります。

不動産会社は一般的に、紙媒体の広告とウェブ上でのPRを並行して広報活動を行いますが、貸し出されている物件の情報が正確に借り手に伝わらなければ、入居者は離れていってしまいます。

そこで、リロケーション会社の実際の手腕である募集方法をチェックしてみてください。サイトに物件が正しく掲載されているか、借り手が応募したくなるようなPRができているかを確認しましょう。

その他、見ておきたいポイント

口コミ

リロケーションはまだ始まって間もないサービスで、専門に行っている会社はあまり多くはありません。そのため、サービスを利用する前に各社の企業サイトを見ておくことはもちろん、実際の利用者による口コミを確認しておくことも大事です。

会社のサイト上にも口コミが掲載されていますが、多くはポジティブな内容の口コミです。ネガティブな部分を知るためには、ネット上の口コミサイトなどを確認するのがもっとも効率的です。

大阪には大手の不動産会社をはじめ、専門的に行っている会社もあります。しかし専門の会社だからといって、サービスが行き届いているわけではありません。口コミその会社を知るための大きな手がかりとなりますので、忘れずにチェックしておきたいところです。

担当者との話し合い

不動産会社や管理会社に依頼する前に、まず担当者からの説明を聞いておきましょう。ここで先ほど述べた「利用者へのサポート体制」や「担当者の対応力」がチェックできます。

特に、初めてリロケーションサービスを利用する方は、直接担当者と会って話すことで分かることも多いはずです。月々にかかる料金や受けられるサポートなど、大まかな情報だけでも直接話をして手に入れておくと良いでしょう。

担当者との話し合いによって得られた情報は、手元にメモをして控えておき、他の会社との比較に使用します。契約を迷っている段階であれば、具体的な行動に移さずに一度説明だけでも聞いてみることをおすすめします。

ページの先頭