HOME » 疑問解決!リロケーションなんでもQ&A

疑問解決!リロケーションなんでもQ&A

ここではリロケーションを検討している人がよく疑問に思うことをピックアップしてQ&A形式で解説しています。

ここを知りたい!リロケーション・よくある質問と答え

リロケーションという言葉は知っているが、何をしてよいかよくわからないという人のために知っておくべき情報をまとめました。

Q.どのタイミングで相談するのがよいですか?

答え特に決まりがあるわけではないので、転勤・海外赴任の時期がはっきりしていなくても相談は可能です。何社か比較検討しおいて引越しの2~3ヶ月前くらいに依頼先を決めるとタイミングよく入居者が決まる流れになると考えられます。

Q.何社かで同時募集するというのは可能でしょうか?

答え可能です。ただし、あまり多くの会社に依頼すると、募集条件の変更があった場合にその都度各社に連絡する必要があるので、手間がかかり混乱することになるかもしれません。検討の段階で本当に信頼できる会社を見つけておくのがよいでしょう。

Q.貸す前に補修やハウスクリーニングをした方がよいですか?

答え賃貸物件として提供する以上、入居者が快適に住めるように整えておくことが必要になります。状態にもよりますが補修・ハウスクリーニングはほぼ必須になると考えてよいでしょう。さらに物件価値を上げるためにリフォームを行うこともあります。

Q.期間が短くても賃貸の募集をすることはできるでしょうか?

答え募集することは可能ですが、数ヶ月といった短期間の場合は自宅建て替えなどの仮住まいなど用途が限られるので入居者が見つからない場合があります。初期費用もかかるので収支を計算してメリットがあるかどうか検討が必要です。

Q.募集条件をつけることは可能でしょうか?

答えペット禁止や禁煙などの条件を付けることはよくあることなので大丈夫です。但し、条件があまり厳しすぎると、それだけ入居者の対象範囲が狭くなることにつながるので、どうしても譲れない部分のみ条件とするのがよいでしょう。

Q.募集開始からどのくらいの期間で入居者が決まりますか?

答え明確に何ヶ月以内と言うことはできませんが、平均すると3ヶ月前後で決まるケースが多いようです。人の移動が活発なる年度末の時期などは早めに決まることが多くなると考えられます。

Q.転勤の期間が短くなって戻りたい時は契約の解除はできますか?

答え契約期間の途中で貸主の都合で契約解除することはできません。契約期間終了と同時に借主に明け渡してもらう契約を行うので、それまでは保証期間となるためです。

Q.家賃収入があると確定申告が必要でしょうか?

答え必要です。家賃収入は不動産所得になりますので管轄の税務署に確定申告を行わなければなりません。海外赴任でも日本国内での確定申告が必要になるので、その場合は税理士など納税管理人の選任をしておく必要があります。

ページの先頭