リロケーション成功ガイド » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識

まずは知ろう!リロケーションの基礎知識

 ここではリロケーションを利用する前に知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめています。

初心者に役立つリロケーションの基本知識

リロケーションとは転勤や海外赴任などで留守にしてしまう自宅を期限付きの賃貸物件として貸し出すことを言います。

リロケーション会社に依頼して管理料を支払えば、入居者の募集から賃料管理、入居者対応などすべて任せることができ、家賃収入という不労所得が得られるので最近利用者が急増しています。

ただし、効率よく不動産を活用できるメリットがある反面、賃貸物件オーナーとして注意しなければならない点もあります。

そこでリロケーションは初めてという方のために、知っておくと必ず役立つ情報を集めました。現在リロケーションを検討しているという場合は、ぜひ目を通して理解を深めていただければ幸いです。

そもそもリロケーションとは
リロケーションとはどういったサービスなのか、法律の改正などによって需要が高まった背景やサービス内容についての概要を説明しています。

>>リロケーションについてもっと詳しく

賃貸と売却ではどちらが得か
長期に留守にする家の扱いは賃貸に出すか売却するか2つの方法があります。それぞれのメリット・デメリットを整理してどちらが得になるのかを解説しています。

>>賃貸と売却の比較をもっと詳しく

リロケーションと不動産仲介との違い
一般的な不動産仲介とリロケーションはどこが違うのかを説明。また普通借家契約と定期借家契約2つの契約形態についても解説しています。

>>不動産仲介との違いをもっと

リロケーションのメリットとは
リロケーションがオーナーにとってどんなメリットをもたらすのか、そのためにリロケーション会社はどのようなサービスを提供するのかを紹介しています。

>>リロケーションのメリットについてもっと詳しく

リロケーションのリスクとは
自宅をリロケーションで貸し出す時に考えられるリスクとデメリットについて紹介。その対応策として何をすればよいのかも解説しています。

>>リロケーションのリスクについてもっと詳しく

税金と法律のはなし
リロケーションを行う際に知っておくべき法律の知識と確定申告・税金の支払いについて注意したいことを説明しています。

>>税金と法律についてもっと詳しく

費用はどの程度必要か
リロケーションでかかる費用にはどんな種類があってどのタイミングで発生するのかを解説。周辺物件との家賃設定の違いについても説明しています。

>>費用に関してもっと詳しく

貸し出すまでの流れ
リロケーション会社に依頼してから実際に貸し出すまでの流れを説明。その他にやっておかなければならない各種手続きについても紹介しています。

>>貸出の流れをもっと詳しく

なるべく早く&高く貸すためのコツ
自宅を貸し出す際の賃料査定を高くするための工夫や、早期に入居者を決めるにはどういった点に注意すべきかについて解説しています。

>>有利に貸すためのコツをもっと詳しく

貸す際に気を付けたいこと
リロケーションサービスを利用して家を貸し出す際に、こんなはずでなかったと思わないために心得ておくべきことや注意点について説明しています。

>>貸す際の注意点をもっと詳しく

よくあるトラブルの回避術
リロケーションサービスを利用するにあたって、代表的なトラブル事例について紹介。それぞれの具体的な解決方法についても解説しています。

>>トラブルの回避術についてもっと詳しく

リロケーション物件
実はかなり得することが多いリロケーション物件。リロケーション物件を借りるにあたってメリット・デメリットは大きく分けて4つ。リロケーション物件に住むにあたっての魅力を説明いたします。

>>リロケーション物件についてもっと詳しく

海外赴任をするにあたるリロケーションのメリット
海外赴任をするにあたってリロケーションをしたいという方に向けて手順や気を付ける点、メリットデメリットについて記載をしています。

>>海外赴任をするにあたるリロケーションのメリットについてもっと詳しく

リロケーションとサブリースの違い
不動産会社が物件を転貸し、その家賃収入をオーナーに支払うシステムがサブリース。サブリースは不動産投資の意味合いが強く長期間の賃貸契約が前提となるのに対し、リロケーションは一時的な留守宅管理の意味合いも含まれており短期間の賃貸契約が前提となるという違いがあります。

>>リロケーションとサブリースの違いについてもっと詳しく

リロケーションの原状回復とは?範囲や費用を解説
入居者の過失や故意によってできた傷や汚れは原状回復の義務が課せられます。では原状回復とはいったい何でしょうか。また原状回復の範囲はどのくらいなのか、費用はどのように算出するのか等の疑問への解答を掲載しています。

>>リロケーションの原状回復についてもっと詳しく

リロケーションの火災保険の重要性
リロケーションにおける火災保険の重要性と未加入の場合のリスクを解説。火災保険に加入することで、万が一火災による被害を受けても、心に余裕を持って対処できることが分かります。さらに貸主と借主の間のトラブルが軽減される理由についても紹介します。

>>リロケーションと火災保険についてもっと詳しく

相続物件はリロケーションできる?
相続物件を取り壊す以外の方法は、「賃貸に出す」「空き家で管理」「売却」の3つです。リロケーションとして賃貸に出すことで、ほかではないメリットが得られます。相続物件の管理方法で迷っている方は、リロケーションを検討してみてはいかがでしょうか。

>>相続物件のリロケーションをもっと詳しく

リロケーション時の家財道具問題
持ち家を家具付きリロケーション物件として賃貸に出す場合の、家財道具の所有権の所在や物件のニーズについて説明しています。また、家具を残して賃貸に出す際の注意点や想定されるトラブルについても紹介していきます。

リロケーション時の家財道具についてもっと詳しく

リロケーションにおすすめの時期
一般的にリロケーションにおすすめの時期は、引っ越しシーズンと言われる3~4月の1~2か月前。多くの方が引っ越し先を探している「1~3月」です。この時期ならば、入居者を確保しやすいでしょう。併せて、閑散期や転勤の多い時期、リロケーションの準備はいつからすればよいのかも解説します。

リロケーションにおすすめの時期についてもっと詳しく

知っておきたい!転勤時に貰える手当
リロケーション考えるタイミングの一つ「転勤」。転勤時には、会社からいくつかの手当や福利厚生を受けられる場合があります。これらの手当とリロケーションをうまく活用することで、住居費用の負担軽減をはじめ、大きなメリットが得られることも。ここでは、転勤時に会社から受けられる手当について紹介していきます。

転勤時に貰える手当についてもっと詳しく

ローン返済中はリロケーションできる?
リロケーションは、住宅ローン返済中の物件でも可能です。ローン返済中のリロケーションは、工夫次第で大きなメリットとなることも。この記事では、ローン返済中にリロケーションをする際の注意点、必要な手続きについて解説していきます。

ローン返済中のリロケーションについてもっと詳しく

リロケーションするとき荷物はどうする?
リロケーションを行うときに考えなくてはならないのは、引っ越し先に持っていけない荷物の扱い。借り主にそのまま貸すのも一つの手段ですが、それができない場合は、レンタルスペースなどに預ける必要が出てきます。スペースもいろいろ種類があるので、うまく使い分けましょう。

>>リロケーションするときの荷物についてもっと詳しく

公務員のリロケーションは副業にあたらない?
公務員は副業が禁止されていますが、自宅を貸し出すリロケーションで収入を得ることは、一定の条件をクリアすれば認められています。転勤が多い公務員でも、住宅ローンをリロケーションで補えるので、活用も検討していくといいでしょう。

公務員のリロケーションは副業にあたらない?についてもっと詳しく

友人・知人にリロケーションをする際のポイント
友人や知人にリロケーションで自宅を貸し出す際には、契約を書面上で結ぶことが大切です。書面を残しておかないと、入居期間や問題が起きた場合の責任など、いろいろな理由がトラブルにつながり、人間関係の悪化すら招きかねないからです。

友人・知人にリロケーションをする際のポイントについてもっと詳しく

空き家を放置するリスク
急な転勤、あるいは親族からの相続によって空き家を抱えることになると、さまざまな出費やリスクが生じる可能性があります。空き家を放置することでどのようなリスクが生じるのか前もって確認し、できる対策をとることが大切です。

空き家を放置するリスクについてもっと詳しく

リロケーションするときの家賃・賃料の相場
自宅をリロケーション物件として貸し出すときには、家賃の決め方が非常に重要になります。家賃は近隣にある同条件の物件と比較することで目安が分かりますが、一般的な物件よりも家賃を下げる必要もあるので、注意が必要です。

リロケーションするときの家賃・賃料の相場についてもっと詳しく

リロケーションにおける利回り
リロケーション物件の利回りは、収益を考える上では見過ごせない要素の一つとなります。ただし、リロケーション物件として住宅を他者に貸し出すことには利益以外のメリットもあるので、トータルで考えるようにしましょう。

リロケーションにおける利回りについてもっと詳しく

ページの先頭