リロケーションにおすすめの時期

ここでは、リロケーションにおすすめの時期について詳しく解説します。

リロケーションに向いている時期

まずは、リロケーションに向いている時期について見てみましょう。あわせて、閑散期についても解説します。

需要が高まる時期

リロケーションに向いている時期は1~3月です。引っ越しシーズンと言われ、入学や入社などライフステージの変化で転居する人が増える3~4月。それに合わせて部屋探しは引っ越しの1~2か月前がピークとなるため、賃貸需要は1~3月が最も高くなるのです。もしリロケーション中に賃借人が退去して空室状態となっても、この時期であれば入居者を確保しやすいでしょう。

3月を過ぎたら、全く需要がなくなるわけではありません。例えば本人が先に赴任して家族は後で引っ越しをする場合は4月頃から賃貸借契約する傾向があるため、ピークを過ぎた後でもある程度の需要は見込めます。

また、お盆期間中に引越しを検討する人が一定数いることから、8月中旬から引っ越し業者はちょっとした繁忙期になると言われています。年内に引越しを完了しておきたい人も多いため、8月以降は安定した需要があるでしょう。

閑散期

年間を通して閑散期とされる時期は、6~7月です。理由としては、卒業や入学、転勤などの変化が少ない時期なので転居のきっかけが少ないことが挙げられます。この時期に入居者が退去すると空室期間が長くなる可能性があるため、注意が必要です。

転勤の多い時期

転勤の時期は業界や企業の慣習などによって大きく異なるため、一概に「転勤が多いのはこの時期」と特定できません。ただし決算のタイミングや半期のタイミングに実施する企業は多く、3月決算の企業が多い日本では転勤辞令も4月や10月に出される傾向があります。それを考えると、転勤もこの月の前に集中するケースが多いのです。

またアパレル業界では2月と8月の人事異動が慣例になっていたり、公務員は4月に人事異動があったりするなど、業種や職種によっても違いがあります。

リロケーションの準備はいつから?

リロケーション開始後、すぐに入居者が決まるとは限りません。また開始するまでには、リロケーション会社の選定や契約、家を貸し出す準備、入居者の募集・審査などやることが多々あります。そのため、リロケーションを利用する3ヶ月ほど前から準備を進めておければ理想的です。

できる限り早急に入居者を募集するため、内示が出たらすぐに相談しておくことが大切です。もし急な転勤辞令が出た場合には、できる限り早くリロケーション管理会社を選定しましょう。転勤の可能性がある人は、前もってリロケーション会社を調べておくとスムーズに対応できます。

ページの先頭