リロケーション成功ガイド » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » 知っておきたい!転勤時に貰える手当

知っておきたい!転勤時に貰える手当

リロケーションを考えるタイミングはさまざまありますが、そのうちの一つに「転勤」があります。転勤をする際、住んでいた家を維持したままの状態では、住居にかかる費用が二重になるため、負担も大きくなります。

しかし、リロケーションをうまく活用することで、むしろ大きなメリットが得られることもあるのです。ここでは、転勤時に会社から支給される手当や福利厚生に注目。いったいどのような手当を受けられるのか、紹介していきます。

転勤時に受けられる主な手当

転勤時には、会社によってさまざまな手当が出ることがあります。主な例は以下の通りですが、会社によって異なる場合があるため、実際に受けられる手当については、会社に確認するようにしましょう。

赴任旅費

赴任先へ移動するための旅費・交通費です。一般的には、転勤する本人に加えて、その家族の分も支給されます。

転宅費用

引越しに対する補助としての手当です。会社によっては「引越し手当」と呼ばれることもあります。引越し代金はもちろん、引越しに伴う家具の購入費が含まれることもあります。また、新生活をスムーズにスタートできるようにするための支度金が支払われる場合もあります。

転園・転学費用補助

転勤によって子どもが転園・転学する必要がある場合に支払われる手当です。具体的には入学金、制服購入費、副教材購入費などが該当します。

勤務地手当

赴任先の物価や生活様式の違いなどによって、実質的な賃金が下がってしまうことを避けるために支給される手当です。「都市手当」「僻地手当」「寒冷地手当」など、さまざまな名称があります。

家賃補助

「住宅手当」といった呼ばれ方をすることもある、転勤によって持ち家から賃貸物件に住み替えることで支給対象になる手当です。一定額の支給が一般的ですが、「家賃に対して○割」と、家賃の一部のみが該当するケースもあります。実際の支給額については、会社に確認するようにしましょう。

転勤に伴う手当が支給される際の注意点

手当の支給については、制度を事前に確認したうえで、必要な書類や資料を用意して速やかに申請する必要があります。また、会社が費用を負担するため、場所や業者の選定などについては、ある程度制限がかかる場合があることも認識しておきましょう。

また、支給される各種手当は課税対象となるため、支給額の全てが使えるというわけではありません。条件次第では非課税になるものもあるため、事前の確認が大切です。

ページの先頭