要望別 おすすめの
リロケーションサービス会社3選
リロケーション成功ガイド » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » リロケーション以外の空き家の活用法

リロケーション以外の空き家の活用法

空き家活用法の具体例

賃貸への転換

空き家を賃貸物件として提供し、定期的な収入を得る方法です。リロケーションでは賃貸時期が固定の定期借家を利用した契約が主ですが、他の賃貸経営では延長が可能な数年単位の契約を結ぶことで、安定した収益源を確保し、不動産の資産価値を長期にわたって保つことが可能になります。ただし、借り手が決まるまでは物件の管理やメンテナンスが必要となり、空室リスクも考慮する必要があります。

売却

空き家を市場に売り出し、売上金として一時的に大きな収益を得る方法です。売却により、一括で資金を確保でき、物件の管理に関する手間を省くことができます。ただし、不動産市場の状況によっては、希望する価格での売却が難しい場合があります。また、転勤後に戻ってきた場合は新たに住む場所を探す必要性も出てくるでしょう。

空き家管理サービスの利用

専門の管理会社に空き家の維持・管理を委託する方法です。空き家管理サービスを利用することで、物件の劣化を防ぎ、整った状態で資産として保持できます。しかし、管理サービスの利用には費用がかかり、自ら管理するよりも手間がかかる場合も。加えて建物にかかる税金も払い続けなくてはいけません。

解体して更地にする

空き家を解体し、更地にして新たな用途に利用する方法です。解体することで、空き家によるセキュリティリスクや維持管理のコストを解消でき、駐車場や新たな建物の建築等、新たな投資や活用の機会を増やせます。ただし、解体には高額な費用がかかり、土地の価値が低い地域では投資回収が難しい場合があります。

一時的な転勤ならリロケーションがおすすめ

遠方への転勤が決まっていても、将来的にはマイホームに戻りたいと考えている方にとって、リロケーションは理想的な選択肢です。一時的な転勤期間中、自宅を有効活用しながら、戻る場所を保持できるため、安心して転勤生活を送ることができます。

ページの先頭