リロケーション成功ガイド » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » ローン返済中はリロケーションできる?

ローン返済中はリロケーションできる?

このページでは、ローン返済中のリロケーションについて説明。また、ローン返済中にリロケーションをする場合に必要な手続きについても解説しています。

住宅ローン返済中でもリロケーションはできる?

住宅ローン返済中でもリロケーションは可能です。住宅ローンは基本的には自分が住む家に対してのみ利用できるローンです。しかし、元々住宅として購入したものの、やむを得ない事情で自宅を貸す場合でも、住宅ローンの適用は認められるケースが多いでしょう。

ただし、自宅をリロケーションする場合はローンを組んでいる金融機関に対し、事前にリロケーションをする旨を説明する必要があります。なぜなら金融機関に無断でリロケーションを行い、それが金融機関にバレてしまった場合、重大な契約違反に該当してしまう可能性があるからです。

金融機関とトラブルになると、その後の資金繰りに大きな支障が生じることもあります。住宅ローンを払っている物件でリロケーションを行う際は、金融機関に事前に連絡をしましょう。

住宅ローン減税の手続き

住宅ローンには減税の適用が可能です。転勤命令によって住宅を居住用に利用できなくなった場合も減税対象に該当します。特別な届け出を出すことで住宅ローン控除が適用できるでしょう。手続きに関しては、国税庁「No.1234 転勤と住宅借入金等特別控除等」を参照してみてください。

国税庁公式HP https://www.nta.go.jp/index.htm

リロケーションによる家賃収入をローン返済へ

リロケーションした物件から得られる家賃収入は、ローン返済に活用可能。ローンの負担は決して軽いものではありませんが、それを家賃で補えます。転勤先の家賃を会社が負担してくれるのであれば、むしろメリットが生まれる場合もあるでしょう。減税も適用されるので、リロケーション利用者は増加傾向にあります。

ただし入居希望者を集めるには、借り手にとって魅力のある物件でなくてはいけません。有効な方法の一つにリフォームがあります。リフォームで賃貸に合った間取りや設計にすることで入居者を集められるでしょう。またリフォームすることは物件の価値を高めることにもつながるので、高い家賃設定ができ結果的に効率の良い資金運用が可能となるでしょう。

まとめ

リロケーションした物件を有効活用できれば、ローンの負担が大きく軽減され、ライフプランをより良いものにできます。ローン返済中でリロケーションを考えている方は制度を正しく理解し、物件を有効に活用していきましょう。

ページの先頭