リロケーション成功ガイド » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » リロケーションするとき荷物はどうする?

リロケーションするとき荷物はどうする?

リロケーションを行う際、考えなくてはいけないことの一つに、「荷物の保管先」があります。家具などをそのままにして借り主に使ってもらうケースもありますが、全てをそのまま、というわけにはいきません。自身の引っ越し先に持っていけないけどそのまま置いてもおけないものは、どうすればいいのでしょうか。

トランクルーム

まず有力な選択肢となるのが、トランクルームです。倉庫業法に基づいて倉庫業者が運営しており、業者は利用料を受け取って預かったものを、責任を持って保証する義務があります。預かる際もただ置いておくだけでなく、温度や湿度などの保管環境をしっかりと整えられており、環境の変化に敏感な物品を保管するのに適していると言えるでしょう。警備体制も整っていて、物品の出し入れには専門スタッフが立ち会い、利用時間も定められているなど、厳格な管理体制を整えているところが多くなっています。

優良な施設や業務体制を整えているところは、国土交通省から「優良トランクルーム認定」を受けられます。そうした業者は正規の認定マークを提示することになっているので、もし管理体制にこだわるのであれば、こうした業者を探すと良いでしょう。

レンタル収納スペース

レンタル収納スペースは、建物やマンションの一室などを収納スペースとして利用できるようにしているサービスです。性質上、不動産の賃貸契約として扱われることになり、利用者は賃貸料を業者に支払う、という形になります。トランクルームと比べて利用時間などの制約が少なく、比較的自由に荷物の出し入れができます。ただし、警備体制についてはトランクルームほど厳戒ではなく、万が一のことがあっても補償を受けられないこともあります。

かさばるけれども保険をかけるほどのものではない、というものの場合は、レンタル収納スペースを利用すると良いでしょう。

屋外コンテナ

屋外コンテナは、コンテナを改良してレンタル収納スペースとしているものです。利用者は不動産業者と賃貸契約を結んで利用することになります。屋外にあるコンテナですので、気温や湿度などについてはそれほど厳格に管理されておらず、風雨や高温・低温などの影響を比較的受けやすい傾向にあるので、屋外で使用するものの保管に向いているでしょう。

ページの先頭