HOME » まずは知ろう!リロケーションの基礎知識 » そもそもリロケーションとは?

そもそもリロケーションとは?

ここではリロケーションとはどのようなサービスなのか、その歴史や概要について解説しています。

リロケーション利用が広まった背景

リロケーションとは英語のrelocation(再配置、移転)から来た言葉で、転勤や海外赴任などにより留守になった家を一定期間賃貸に出して管理するサービスのことを言います。

欧米では引越しやビザ取得など転勤に伴う幅広いサービスを提供しますが、日本では転勤している間だけ持ち家を不動産会社が管理するといったケースがほとんどです。

一昔前までは転勤などで留守になる自宅は、大手企業が借上社宅制度を使って他の社員に貸すというケースはあっても、不動産会社を通じて賃貸に出すということはあまり行われませんでした。

なぜなら借地法、借家法、建物保護に関する法律により借り手の保護を再優先にした借家制度があったからです。

以前は一度貸してしまうと貸主から契約更新を拒絶することが困難で、どうしてもという場合は高額な立ち退き料を支払わなければならなかったため、賃貸にするリスクは非常に高いものでした。

ところが2000年に借地借家法が改正され定期借家権が導入されてから状況が一変しました。更新をせずに期限付きで確実に建物等を貸主に明け渡すという契約が可能になったのです。

これにより留守にしてしまう自宅を売却すること無く、期間を限定して第三者に賃貸するリロケーション需要が高まることとなりました。

リロケーションサービスの中身

欧米と違って日本のリロケーション会社の多くは転勤中のみ持ち家を賃貸に出してくれることサービスに特化しています。

空き家のまま建物の管理だけを行うケースもありますが、家賃収入が期待できるため、ほとんどは第三者へ賃貸されます。

その際にリロケーション会社は具体的にどのようなサービスを行うのか代表的な項目を整理すると以下のようになります。

  • 入居者の募集・広告
  • 賃料収入の管理
  • 賃貸借契約・更新の代行
  • 定期巡回
  • クレーム・トラブル対応
  • 解約手続き・精算
  • 明け渡し手続き
  • リフォーム相談

サービスの項目や詳細はリロケーション会社や契約内容によって異なりますが、基本的に面倒な手続きや入居者対応などをすべて任せることができるので、家主として大きな負担になることがありません。

もちろん家主としての義務やリスクもありますので契約時にはしっかりと説明を受けることが大切ですが、メリットが多いので今後リロケーションに対する認知度が高まればさらに利用者が増えることが予想されます。

ページの先頭